ガンの原因はストレス?

整体・ヒーリング かつげん堂

080-4029-4768

〒663-8204 兵庫県西宮市高松町10-22 アムール西宮北口202

受付時間 8:00~20:00 定休日 不定休

ガンの原因はストレス?

スタッフブログ

2018/07/24 ガンの原因はストレス?

近年、日本人の3大死因がガン、心臓病、脳卒中となっており、2人に1人がガンになるといわれています。異常な数字ですが、実際、上皮性の炎症もガンと診断しているケースもあるようで、ガンもどきを抗がん剤などで本当のガンにしてしまうことが多いようです。

 

抗がん剤は猛毒であり、毒を以て毒を制す方法そのものです。その為、正常細胞が痛めつけられて弱ってしまうことになり、ますますガンは進行していくことになります。

 

 

しかし、ガンは悪いものなのでしょうか?最近の学説では、ガンは血液に溜まった毒素をかき集めてきたもので、ナチュラルキラー細胞などの免疫細胞がこれを破壊処理していくという、体内の、特に血液の浄化システムの一過程である、といわれています。ですから、ガンができることが悪いのではなく、これを処理できない免疫システムの機能低下が問題なのです。

 

 

抗がん剤や放射線は、免疫システムを弱体化させるため、これらの治療を受けた人が寿命を縮めている現実があります。最近では、これらの治療法より食事療法、心理カウンセリング、瞑想、ヒーリングなどの代替療法を選択する人も増えており、これらの療法で、免疫力、自然治癒力、生命力そのものを高めていくことが、治癒につながるケースが増えてきています。

 

 

 

 

ガン自体は血液の汚れが原因であり、その浄化の結果ですが、血液を汚す原因は不規則な食事、生活習慣、食品内容、小腸の腸内細菌バランスの崩れ、腸壁の汚れ、環境汚染、交感神経の緊張による血液の酸化などがあげられます。

 

 

特に交感神経の緊張は、体にとって危険が迫った時のモードであり、アドレナリンやコルチゾールなどを分泌して、心拍数上昇、血圧上昇などをおこし、活動力を増していきます。

 

不規則な食事、食品内容、生活習慣、環境汚染も交感神経緊張を促し、日々の生活の中での精神的ストレスも同様です。

 

一時的な交感神経の緊張は免疫を活性化しますが、長期にわたると全体の体力の消耗のため、免疫に回す生命活動エネルギーがなくなり、結果として免疫力が低下していきます。

 

不規則な食事や食品は内臓に負担をかけ、体にとって危険モードとして交感神経が緊張してエネルギーが消耗していきます。

 

このエネルギーが消耗することが免疫力の低下となり、がん細胞を処理しきれずに増加させてしまうことになるのです。

 

 

 

整体・ヒーリング かつげん堂

(西宮わたなべ整骨院、にしのみや骨盤整体院、気功エネルギー療法院 併設)

電話番号 080-4029-4768
住所 〒663-8204 兵庫県西宮市高松町10-22 アムール西宮北口202
受付時間 8:00~20:00
定休日 不定休

TOP