産後骨盤矯正の女性、猛暑の日に腹痛になる

整体・ヒーリング かつげん堂

080-4029-4768

〒663-8204 兵庫県西宮市高松町10-22 アムール西宮北口202

受付時間 8:00~20:00 定休日 不定休

産後骨盤矯正の女性、猛暑の日に腹痛になる

症例解説

2018/07/19 産後骨盤矯正の女性、猛暑の日に腹痛になる

今年は酷暑の連続で皆が体力の消耗が激しいようです。

 

水を飲んでも飲みすぎて、かえって体調を壊したり、クーラーをかければ室外機の熱風で外気温がさらに上がり、アスファルトの地熱が60℃を越えてたり、とにかく体の中も外も環境もバランスをとるのが難しい時期です。

 

熱中症予防のために水を飲んで、水分過剰になり、腸が冷え、過剰に緊張してしまうことで腹痛が起こることがあります。過剰になると血液が薄まり、ミネラルバランスが崩れると、余分な水分を排出しようとして、今度は脱水が進んだりします。

 

こんな風にプラスマイナスを行ったり来たりで、体はとにかく体力を消耗していきます。

 

特に腸、とりわけ小腸は栄養を分別、吸収したり、血液を作ったり、外敵を排除したりする免疫細胞、酵素、菌が体のために働いてくれているところで、第二の脳といわれるくらい重要なコントロールセンターです。

 

ここが、様々な体力を消耗する要因のために働きが鈍くなってしまうと、緊急事態宣言として腹痛などの症状をだすことがあります。

 

この小腸を含めた周辺は東洋医学では丹田と呼ばれ、生命活動の体内エネルギーをためておくところであり、常に全身に送り出しているモーターのような作用があります。

 

体力が消耗してしまうということは、丹田のエネルギーが枯渇してしまうことになり、全身の生命活動に影響がでてくることになるのです。

 

ですから、丹田のエネルギーや働きを低下させないことが大切になってきます。

 

その為には、冷たい飲み物を控え、寝る時も腹部を冷やさないことがまず第一。そして暴飲暴食、不規則な食事時間、化学合成添加物摂取、など小腸に負担をかける食事習慣、不規則な睡眠など自律神経のバランスを乱す生活習慣などを見直すように心掛けてください。

 

 

 

 

 

 

 

整体・ヒーリング かつげん堂
(西宮わたなべ整骨院、にしのみや骨盤整体院、気功エネルギー療法院 併設)

電話番号 080-4029-4768
住所 〒663-8204 兵庫県西宮市高松町10-22 アムール西宮北口202
受付時間 8:00~20:00
定休日 不定休

TOP