慢性疲労症候群の原因と治療方法

慢性疲労症候群の原因は未だはっきりとしていないことから完治には時間がかかると言われています。
しかし人によっては、ある程度時間が経過すると次第に症状が緩和され、改善する方もいると言われていますのでまずは少しでも異常を感じた場合には、専門科を受診するようにしましょう。

慢性疲労症候群は、いくら体を休めても筋肉の疲労や倦怠感、頭痛や腰痛などの症状が緩和されないというのが特徴的です。
中には不眠症になる方もいますので、あまり深刻に考えて体を無理に休めようとしては逆効果です。

無理のない程度のウォーキングや水泳、サイクリングやジョギングなどの有酸素運動を行うことが最も効果的で、定期的に続けることで疲労感を改善できると言われてます。

自分の症状が一般的な疲労であるのか、慢性疲労症候群であるのかをチェックする簡単な方法があります。
たかが疲れと考えずに、疲れが長く続く場合にはそれなりに対策を取らなければなりません。

疲れを無視して仕事に精を出しても、良い仕事ができるはずもなく、いずれオーバーワークで病気になる可能性も高いのです。
自分の体の疲れをよく理解し、しっかりと対処するようにしましょう。

以下の症状で4つ以上該当する場合は要注意です。
いつも体がおもく、朝起きた瞬間から体がだるいと感じる、仕事での単純ミスが増えた、怒りっぽく、短気になった、意欲がわかず、決断力も弱くなってる、慢性的な頭痛や腰痛、肩こりがある、動悸やめまい、口周辺にけいれんがある、目がつかれやすい、昼間に居眠りをする回数が多くなってるなどの症状があります。

西宮 慢性疲労の悩みは西宮わたなべ整骨院にご相談ください。